シリア難民の次は「アフガン難民」・・・恐怖の再来に、おののくヨーロッパ

8月22日、フランス・パリでアフガン人が「家族を助けて下さい」という立て札を持って難民救助を訴えた。(東亜日報:キャプチャー)




アフガニスタンを助けて下さい!!!

 

8月22日(現地時間)、フランス・パリの中心街のレフュブリーク広場。

アフガン系フランス人と難民たちが集まってデモを行った。

彼らは、黒、赤、緑色のアフガン国旗を振りながら、「武装勢力タリバンが掌握した自国から脱する事が出来なかった人々と、世界各地のアフガン難民を助けて欲しい!」と訴えた。

 

8月25日、カブール国際空港付近では、アフガニスタンを脱出する為に空港に入ろうとする人々が地面に座り、とめどなく待っている。(東亜日報:キャプチャー)

 

これを見守るフランス市民たちの見方は分かれた。

人道的レベルで難民を助けなければならないが、ややもすると移住民の増加で社会的葛藤が大きくなる事を憂慮する人が少なくなかった。

自営業者のホベフさんは、
「すでにシリア、アルジェリア、モロッコなどから来た移住民が多く、混乱が大きい。」

「アフガン難民まで流入すれば、更に混乱する。」と述べた。

そして、シリア難民が全ヨーロッパに押し寄せた2015年当時の混乱が、再燃する事を特に憂慮した。




当時、シリア難民を受け入れたヨーロッパ各国は、これまでに少なからぬ葛藤を経験してきた。

そうした中、イスラム過激主義者によるテロが発生、極右政治家まで勢力を伸ばし、社会混乱に拍車がかかった。

シリア難民事態が英国の欧州連合(EU)脱退、ドナルド・トランプ前大統領の政権獲得などを引き起こした遠因になったという指摘も絶えなかった。

当時の悪夢が再燃しかねないという憂慮に、オーストリア、ギリシャなどは既にアフガン難民に対する門戸を固く閉ざしている。




難民発生国、世界第3位

国連難民機関(UNHCR)によると、今年に入ってから8月24日までに、55万人のアフガン難民が発生した。

このうち約半分の25万人は、米軍と北大西洋条約機構(NATO)がアフガン撤退計画を発表した5月以降にアフガニスタンを脱出した人々だ。

米軍がいないアフガニスタンがタリバンの手に落ちると見て、急いで故国を離れたのだ。

しかし、これは特に今年だけの現象ではない。

ソ連侵攻(1979-1989年)、事実上内戦同然だった軍閥間の対立、タリバン初政権(1996-2001年)、米国のアフガン侵攻による20年戦争などで、長く中央集権体系が崩壊したアフガニスタンは世界第3位の難民排出国という汚名を着せられている。




UNHCRによると、アフガンの累積難民は260万人で、シリア(670万人)、ベネズエラ(400万人)に次いで多い。

8月15日、タリバンが首都カブールを含めアフガン全域を掌握した後は、週平均3万人のアフガン人が故国を後にしている。

大半はイラン、パキスタン、ウズベキスタンなど国境を接する隣国の国境地帯でテント生活をしながら、最終移住国を探している。

妻と双子の子どもを連れてトルコに到着したナジブラさん(30)は、米ニューヨーク・タイムズ(NYT)にアフガン難民の苦しい現実を語った。

ナジブラさんは、イランを経てトルコ東部の都市ワンまでなんと2300キロを移動した。

トルコ政府は、彼を含むアフガン難民を追放すると脅しをかけている。

ナジブラさんは、
「ろくに食べる事もできず避難してきたが、ここからも追い出される事になった。」

「これなら、むしろアフガンで死んでいた方がましだった。」と訴えた。




アフガン難民を拒絶するヨーロッパ各国

アフガン、シリアなど中東難民の大半は、ヨーロッパと国境を接するトルコ北西部の陸路、トルコ南部とギリシャの間にあるエーゲ海を通過して、ヨーロッパに入る。

タリバンのアフガン掌握後、トルコ政府はアフガン難民を防ぐ為、イランとの国境に軍兵力を大挙派遣した。

241キロの防壁と200の監視塔も設置した。

トルコのエルドアン大統領は8月22日、EU首脳会議のシャルル・ミシェル常任議長との電話会談で「アフガン難民倉庫にはならない。」と強硬対応を明らかにした。




アフガニスタンと国境を接しているイランも、アフガニスタンの状況が好転すれば、自国内のアフガン人を自国に送り返すと明らかにした。

アフガニスタンと国境を接するパキスタンは、現在も事実上国境を封鎖しているが、近く国境を完全に封鎖する意思を明らかにした。

ヨーロッパ主要国も足元に火がついた。

トルコと国境を接しているギリシャ、中部ヨーロッパのオーストリアは、早くもアフガン難民を受け入れないと宣言した。

「人道的次元の難民受け入れ」の意思を明らかにした西欧諸国と米国も事情は変わらない。

ドイツのメルケル首相は「アフガン難民を助ける」と述べたが、具体的な対策は明らかにしなかった。

「メルケル首相の後任者」として有力な政権与党のキリスト教民主党のアルミン・ラシェット代表はツイッターに「『助けが必要な全ての人を受け入れる事は出来る。』というサインを送ってはいけない。」




「シリア難民事態を再び繰り返す事はない。」と明らかにした。

エマニュエル・マクロン仏大統領も、「ヨーロッパだけでは、この事態の責任を負う事は出来ない。」と加勢した。

英国は8月17日、「アフガン人2万人を受け入れる。」と明らかにし、今年中には5000人の入国を許可した。

英国のマスコミは、残りの1万5000人を来年受け入れるかどうかは不確実だと伝えた。

バイデン米大統領も、アフガン難民など移住民の為に5億ドル(約5840億ウォン)の支援を約束したが、米国への入国許可難民数は具体的に明らかにしなかった。

オーストラリア、カナダもそれぞれ3000人、2万人の受け入れを約束したが、それ以上の受け入れは難しいという態度を固守している。




シリア難民問題「学習効果」

アフガン難民脱出経路(UNHCR/東亜日報:キャプチャー)

 

フランス日刊紙ル・モンドはこうした現象が、2015年シリア難民の大規模流入から得た「学習効果」の為だと分析した。

2011年から始まったシリア内戦が長期化し、シリアは世界最大の難民排出国に転落した。

内戦初期には高齢化に苦しんでいたヨーロッパは、自国内の人口減少の解決、人道主義などを理由にシリア難民を受け入れた。

しかし2015年に、一気に100万人を超すシリア難民がヨーロッパに集中した為、ヨーロッパ全土が混乱に陥り、「難民」にアレルギー反応を示す国が少なくない。




2015年8月、ハンガリーとオーストリア国境の高速道路の路肩で放置された冷凍トラックが発見された。

冷凍室を開けると、シリア難民71人の遺体が発見された。

狭苦しい空間にあまりにも多くの人々が入った為に、窒息死したのだ。

悲惨な死にヨーロッパ全体が嘆き悲しんだ。

数日後、メルケル独首相が真っ先に「難民100万人収容」を叫んだ。

メルケル首相は「私たちは解決出来る。」と自信を示したが、準備ができていない状態で押し寄せたシリア難民は、各地で地元住民と衝突した。




ムスリムが犯した凶悪犯罪も、反難民の感情を一層増幅させた。

2015年12月、ドイツ・ケルンで北アフリカ出身のムスリム男性が女性を強姦した。

2016年12月には、チュニジア出身のイスラム過激主義者がドイツ・ベルリンで運転手を殺害、トラックを強奪した。

この犯人は、トラックを走らせ、12人を死亡させた。

両事件の犯人は、いずれもシリア難民ではなく、従来居住していたイスラム犯罪組織員だったが、平凡な市民には「難民=犯罪者」という認識を植え付ける契機となった。

この影響で2017年9月のドイツ総選挙では極右「ドイツのための代案(AfD)」が、第2次世界大戦以後初めて連邦議会で議席を獲得した。

それまで総選挙で1議席も確保できなかったAfDが、反難民感情を背景に政権与党のキリスト教民主党、社会民主党に続き第3党になったのだ。




当時、AfDを率いたペトリ元代表は、
「イスラムはドイツの一部ではない。」

「必要であれば、難民に対して発砲する。」という超強硬、反難民政策を標榜した人物だった。

隣国でも極右政党が続々と勢力を伸ばした。

フランスの国民連合(RN)、イタリアの同盟(Lega)、イタリアの兄弟(Fdl)、オーストリアの自由党、オランダの自由党などが代表的だ。

特に、イタリアの同盟は2018年3月の総選挙後、6月に反体制政党と連立政権を作り、EU主要国のうち初めて極右政党が含まれた連立政権も誕生させた。




「アフガン難民/絶対反対」を叫ぶ欧州極右

このためヨーロッパの主要極右政治家は早くも、「アフガン難民/絶対反対」を叫んでいる。

フランス国民連合のマリン・ルペン代表はツイッターなどを通じて、
「イスラム過激主義者の攻撃が強まり、難民が波のように押し寄せる可能性があるにもかかわらず、政府には対策がない。」と連日、マクロン政権を批判している。

フランス・メディアは、来年4月の大統領選挙でマクロン大統領と対決する可能性が高いルペン代表がアフガン事態で支持率上昇のきっかけを作ったと分析している。

マテオ・サルビーニ前イタリア副首相もツイッターで、
「難民の中には、潜在的テロリストが含まれている可能性がある。」

「絶対に受け入れてはならない。」と主張した。




専門家たちは、アフガン事態が9月のドイツ総選挙、来年のフランス大統領選挙などで主要変数として作用するものと見ている。

英フィナンシャル・タイムズ(FT)は、
「アフガン難民事態、イスラム過激主義者のテロ危険性の増大などは、極右政党が再跳躍する環境を作っている。」とし

「ヨーロッパ各国がアフガン難民受け入れを拒否する理由は、2015年のシリア事態が繰り返され、極右大衆迎合主義(ポピュリズム)が再現されるという懸念の為だ。」と診断した。

ヨーロッパ先進国が、無条件にアフガン難民の流入を拒否すれば、2015年の冷凍トラック内の集団窒息死事件のような大規模惨事が再び発生しかねないという懸念も提起されている。




密入国斡旋、人身売買、性的暴力など残酷な人権蹂躙も猛威を振るう可能性が高い。

1988年からアフガニスタンを支援してきた救護団体国際救助委員会(IRC)のイモゼン・サードベリー理事は、米政治メディア「ポリティコ」に、「アフガン事態を難民流入問題として見る事は、極右勢力の手の上で踊らされるようなものだ。」とし、現実的な代案を探すよう促した。

EUは、まだ難民分散受け入れ案に合意できずにいる。

シリア難民事態の時は2016年、トルコに現金を支援してやっとヨーロッパへの流入を防いだが、最近トルコは「今回は、アフガン難民を受け入れない。」と拒否する意向を鮮明にした。

EUが与えるわずかな金額だけでは、数百万人のアフガン難民をトルコ領内に置く事は出来ないという事だ。

EUは、2019年からヨーロッパに流入する難民を27カ国に自動分配するという「クォーター制」の導入を推進してきた。




2年が経った現在、資金調達などをめぐる意見の対立で、まだ施行されていない。

しかし、アフガン事態が起こった今でも結論を出さなければならないという声も依然として高い。

韓国も、この問題を対岸の火事のようにしてはならないという指摘も出ている。

金泰煥(キム・テファン)韓国移民政策学会会長は、
「韓国社会の一部では、わずか数百人のアフガン難民がしばらくの間、韓国内に滞在する事にも拒否感を示している。」とし、先進国にふさわしい姿勢が必要だと訴えた。

キム・テファン会長は、
「本当に重要な事は、何人の難民を受け入れるかではなく、彼らが到着した後、どう対処するかだ。」とし

「政策的準備以外にも、他文化圏に対する理解と包容など社会全般の心理的準備が急がれる。」と強調した。

 

韓国ポータルサイト:ネイバー「東亜日報」より

引用ソース
https://news.naver.com/main/ranking/read.naver?mode=LSD&mid=shm&sid1=001&oid=020&aid=0003378676&rankingType=RANKING




韓国の反応

 

左:反応総数 右:コメント総数
この記事に対する韓国人の反応
コメントした韓国人の性別と世代

 

【韓国人のホンネ】
これが国際社会の現実だ。
我々も気を引き締めて対処しなければ、北朝鮮にやられてしまう。
国防力を更に強化しなければいけない。
共感4 非共感0

【韓国人のホンネ】
アフガン難民に、大統領府の部屋を明け渡せ!
共感2 非共感0

【韓国人のホンネ】
アフガン人よ!
自国で平和に暮らせないなら、地球を去れ!!!
共感1 非共感0

【韓国人のホンネ】
100年後には、単一民族国家が消滅しているんじゃないかな・・・
共感3 非共感1

【韓国人のホンネ】
韓国に協力したからと言って、
400人もアフガン難民を入国させたけど、本当に正しい事だったのか?
(≧∀≦)
共感7 非共感0




【韓国人のホンネ】
2年前、フランクフルトに行った事あるけど、
駅周辺でうろつくムスリムを見て、本当に恐怖を感じた。
韓国のソウル駅も、あんなふうになるのか?
共感4 非共感0

【韓国人のホンネ】
アフガン難民は、一人も入れてはいけない。
一昨日、大韓民国に来たアフガン人も送り返せ!!
共感1 非共感0

【韓国人のホンネ】
記事の最後・・・先進国にふさわしい姿勢を持て???
その結果が、今のヨーロッパだろ。
何を考えてるんだよ!!!
共感5 非共感0

【韓国人のホンネ】
アフガンが、難民排出国3位だって?
大韓民国は、自殺率1位だぞ!!!
wwwwww
共感4 非共感0

【韓国人のホンネ】
難民受け入れ対策をするより、
タリバン抹殺計画を皆んなで考えた方がいいんじゃない。
共感8 非共感0

 

 

【韓国人のホンネ】
死にそうだった難民を助けても、爆弾テロで仕返しをしてくるイスラム人。
最初から、かかわらないのが一番!
共感2 非共感0

【韓国人のホンネ】
大韓民国に来るなら、イスラム教を捨て改宗させろ。
イスラム教が問題なんだよ。
共感1 非共感0

【韓国人のホンネ】
ムスリムは、中国人やインド人よりも、自分勝手で悪質。
政府は、難民申請を受理しないで欲しい。
共感4 非共感0

【韓国人のホンネ】
イスラムは、後々、我が国を苦しめる。
絶対に、難民を受け入れるな!
共感1 非共感0

【韓国人のホンネ】
左派の理想主義が、ヨーロッパの惨状を生んだ。
K-政府、調子に乗るな!!
共感2 非共感0




【韓国人のホンネ】
難民を特別功労者として、
特別機で手厚くお迎えするムン・ジェイン。
そこまでするんだったら、お前の家にでも泊めたらどうだ?
共感5 非共感0

【韓国人のホンネ】
可哀想だからと、むやみに受け入れてはいけない。
共感1 非共感0

【韓国人のホンネ】
自分たちの国は、自分たちで守らなきゃ。
何故、逃げるんだ?
死ぬ覚悟で、タリバンと戦え!!!
共感4 非共感0

【韓国人のホンネ】
東南アジア、アフリカ、南米は、高みの見物か?
国連レベルで対応すべきだろ。
共感7 非共感1

【韓国人のホンネ】
大韓民国のヘルゲートが開きました。
(//∇//)
共感2 非共感0




【韓国人のホンネ】
ムスリムにとって、自爆テロは聖戦であり殉教。
我々が勝てるわけがない。
残念だけど・・・難民受け入れは、もうやめよう!
共感5 非共感0

【韓国人のホンネ】
イスラム教国のマレーシアや、インドネシアが受け入れるべき。
何故、イスラム国家でない大韓民国が受け入れるのか、全く理解出来ない。
共感4 非共感0

【韓国人のホンネ】
このまま行くと、大韓イスラム共和国になるのも時間の問題ですね・・・
(//∇//)
共感2 非共感0

【韓国人のホンネ】
中国共産党とムスリムは、地獄からの使者。
世界を破滅に追いやっている。
共感4 非共感0

【韓国人のホンネ】
韓国人は、アフガン難民を受け入れて生きて行くつもりはない。
アフガン難民は、韓国人に同化して生きて行くつもりはない。
揉めるのは、火を見るよりも明らか。
難民受け入れ、絶対反対!!!
共感12 非共感0




【韓国人のホンネ】
世界三大虐殺集団。
1位:カトリック教徒
2位:共産主義者
3位:ムスリム
共感7 非共感0

【韓国人のホンネ】
しばらくの間だけの滞在だって?
嘘つくな!
長期滞在になって、定着資金まで支給するんだろ!
それでも、アイツらは不満分子になって、テロ活動をやるぞ!
誰が責任を取るんだ?
共感9 非共感0

【韓国人のホンネ】
20年間、世界各国が助けても、自分の国を守れなかったアフガン人。
もう、我々が助ける理由はない!
共感5 非共感0

【韓国人のホンネ】
タリバン・ISが、何故、絶滅しないか知ってるか?
ムスリム自体が、潜在的テロリストのDNAを持っているからだ。
殺しても殺しても、湧いて出てくるんだよ。
共感4 非共感0

【韓国人のホンネ】
日本がアフガン救出作戦に失敗?
失敗したフリをして、アフガン難民を連れて来ないようにしているだけ。
我々は、自国民もケア出来ないくせに、
先進国気取りでアフガン難民を連れて来て、精神勝利!
本当の犬ブタ。
共感6 非共感0




今日のテーハミング・ドットコムは、如何でしたでしょうか? 気に入って頂けたようでしたら、下の「人気ブログランキング」のクマのプーさんをクリックして頂けると、テーハミング・ドットコムのランキングと管理人のやる気も少しずつ上がりますので、死ぬほど嬉しいです。 1日1回クリック、宜しくお願い致します! \(^o^)/

宜しければ、シェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。