貧民街の奇跡!!!インドのムンバイで世界初の「コロナ集団免疫」獲得・・・

7月28日(現地時間)、インドのカルカッタでは、マスクをつけた家族が新型コロナウィルス検査を受ける為に待っている。AFP (ニュース1:キャプチャー)

 

インドで最も貧しい地域であるムンバイ貧民街の住民10人のうち6人が、新型コロナウィルスの抗体を持っている事が判明した。専門家らは貧民街の狭く非衛生的な環境のせいにより、結果として「集団免疫」が発生したと分析した。

7月29日、英国:日刊紙ガーディアンなどによると、人口2000万の都市ムンバイは7月初め、貧民街3ヵ所で6936人を対象に無作為の血液検査を行った結果、貧民街住民の57%、非居住民の16%から新型コロナウィルスの抗体が発見されたと発表した。

抗体とはウイルスなど有害な要素を攻撃するタンパク質で、ワクチンを打たない場合はウイルスに感染した後、自然に回復した人達に形成される。

○ 防疫の失敗か、集団免疫の成功か

今回の調査結果を人口に適用すると、ムンバイ貧民街の新型コロナウィルス感染者数だけでも既に486万人に達すると推定される。

しかし、調査対象者の大半は新型コロナウィルスの症状がなく、死亡者も多く出なかった。この為、政府防疫の失敗という解釈と、集団免疫が形成された成功事例と見なければならないという立場が同時に出ている。

集団免疫は、人口の60%が抗体を持てば、その残りの中で感染者が発生しても、病気を拡散させにくいという理論だ。ムンバイの抗体数値は集団免疫状態に達している.

抗体率の高いムンバイの3つの郊外貧民街は、ダヒージャ、チェンブール、マトンガだ。インド国立疫学研究所は「ムンバイの貧民街が集団免疫に到達した可能性がある」とし「ムンバイの人々が感染を避けられる安全な場所を望むなら、この貧民街に行かなければならない」と述べた。

○ 「ソーシャル・ディスタンス」失敗が、むしろ抗体形成に貢献

高い抗体率は、逆説的に言うと社会的距離を置く事が不可能であった証明でもある。ムンバイの貧民街は狭い空間に多くの人々が、ぎっしりと住んでいる事で有名だ。

例えば、最大の貧民街であるダラビは、サンフランシスコの全人口がニューヨークのセントラルパークほどの土地に集まって住んでいる。80人がトイレを一緒に使い、9平方メートルの部屋に8人の大家族が住んでいる。

今年4月のニューヨーク市の調査では、住民の21.2%、5月のスウェーデンのストックホルムでは14%が新型コロナウィルスの抗体を持っている事が分かった。集団免疫形成戦略を政策的に採択したスウェーデンでは、集団免疫を獲得する事が出来ず、封鎖を実施した隣国より死亡者だけが多くなり、同戦略に対する非難が起きた

ところが今回の結果は、人口層が相対的に若いインドでは脆弱層を保護しながら、ウイルスを人為的に抑制しない「集団免疫戦略」が成功する事もあり得る事を示していると、専門家たちは口をそろえて主張している。

インドの貧民街。AFP(ニュース1:キャプチャー)

○ ムンバイの貧民街の感染者数が急減、集団免疫の効果か?

ムンバイの貧民街は、意図せず結果として集団免疫を獲得した。同じムンバイでもマンションや住宅など「社会的な距離」を置く事が可能な地域住民のウイルス抗体形成は、16%に過ぎなかった。

ムンバイの貧民街では、4月に初めて新型コロナウィルスが発生して以来、ここ数週間、感染が急激に減少した。インド全体として感染者が急速に増えている状況では異例の事であり、この地域に於いて集団免疫が効力を発揮し始めた事を意味する。今週にはムンバイ全体の新規感染者も3ヵ月ぶりに最も低い水準となった。

ただ一部の専門家は、これら貧民街に対する政府の早い封鎖と訪問健康診断、迅速な隔離施設の設置などが複合的に作用し、同地域の感染と死亡率が低くなったのではないかと見ている。

ムンバイは、首都ニューデリーと共に、インドで最も大きな新型コロナウィルスの被害を受けた都市の一つだ。インド全体では今年1月末に最初の確定者が出た後、約153万人が新型コロナウィルスに感染し、約3万4000人が死亡した。

韓国ポータルサイト:ネイバーより

【ご参考YouTube動画】
〈新型コロナウィルス対策〉集団免疫とは?
出典:simpleshow Japan

引用ソース
https://papago.naver.net/website?locale=en&source=ko&target=ja&url=https%3A%2F%2Fnews.naver.com%2Fmain%2Franking%2Fread.nhn%3FrankingType%3Dpopular_day%26oid%3D421%26aid%3D0004785523%26date%3D20200730%26type%3D1%26rankingSectionId%3D104%26rankingSeq%3D10




韓国人の反応

 

左:反応総数 右:コメント総数
この記事に対する韓国人の反応
コメントした韓国人の性別と世代

 

【韓国人のホンネ】
キレイな言葉で言えば「集団免疫」であって・・・
実際は皆んなが、どんどん感染して、どんどん死んで、免疫が出来るんじゃないか?
共感347 非共感8

【韓国人のホンネ】
↑  返信
仕方ないよ、それが集団免疫なんだよ。
共感2 非共感0

【韓国人のホンネ】
↑  返信
ワールド・ウォーZ
全てのウイルスは自分の弱点を隠す。
それを見つけなければならない。
共感1 非共感0

【ご参考YouTube動画】
ワールド・ウォーZ〔予告編〕
出典:moviecollectionjp

【韓国人のホンネ】
↑  返信
つまり〜〜〜
強い者だけが生き残る、バトルロワイヤル方式って事?
wwwww
共感3 非共感2

【韓国人のホンネ】
↑  返信
ムンバイは、メチャクチャ暑いので、コロナウィルスも生きれないんじゃないの?
共感2 非共感0




【韓国人のホンネ】
↑  返信
そもそも、あのスラム街の弱い人達は、早くから他の病気にかかって死んでいる。
丈夫な人だけが生き残っているような場所だ。
だから老人もあまりいないし・・・
一見するとコロナ事態に最適化された場所のようにも見える。
共感6 非共感0

【韓国人のホンネ】
↑  返信
お金のない貧乏人は、いくら死んでもニュースにならないでしょう!
共感1 非共感0

【韓国人のホンネ】
↑  返信
インドは、本当にしぶといよ。
共感1 非共感0

【韓国人のホンネ】
↑  返信
インドの人口は、若い人が多いので死亡者が少なく、
それで集団免疫が出来たという記事もありましたね・・・
共感2 非共感0

【韓国人のホンネ】
↑  返信
あれほど汚くて劣悪な環境だと、ウィルスさえも生存が厳しいんじゃない?
インド人は神から祝福されているよ。
共感1 非共感1




【韓国人のホンネ】
↑  返信
暴言を許してもらえれば・・・
集団免疫を試みる事は、人口削減と国家予算に大きく役立つ!!!
共感3 非共感0

【韓国人のホンネ】
集団免疫獲得には、相応の犠牲が伴う。
共感90 非共感2

【韓国人のホンネ】
↑  返信
人は一人では生きられない。
貧民街の人達は、汚い場所と後ろ指を差されながら生きてきたはずだ。
その劣悪な環境で集団免疫が出来て、人類に役に立つなんて・・・
環境が良くないからと言って見下さず、
お互いを尊重しながら、共存する世の中になって欲しい。
共感8 非共感0

【韓国人のホンネ】
↑  返信
犠牲の上に成り立つ集団免疫だが、後世にとっては大きな贈り物だ。
共感3 非共感0

【韓国人のホンネ】
↑  返信
新型コロナは、突然変異が激しそうなので、
集団免疫がどこまで効果を発揮するかわかりません。
共感2 非共感0




【韓国人のホンネ】
↑  返信
これ、奇跡ではなく、ただの放置結果だろ。
悪いけど、政府から見捨てられた人達です。
共感3 非共感5

【韓国人のホンネ】
ガーディアンの引用だけでなく、人口と面積を描写する時は韓国地域を具体例として挙げて欲しい。
サンフランシスコとセントラルパークって言われたってピンとこない。
共感70 非共感14

【韓国人のホンネ】
↑  返信
別に、韓国に置き換えなくても分かるだろ?
共感1 非共感0

【韓国人のホンネ】
↑  返信
私は、いい指摘だと思うわ。
サンフランシスコにもセントラルパークにも行った事がないから、私も良く分かりません。
調べたら、サンフランシスコはソウルの人口より少し少ないぐらいでしょ?
セントラルパークは、汝矣島の半分ぐらいかな?
って事は、満員電車並みって事???
共感4 非共感0

【韓国人のホンネ】
↑  返信
僕は分かるけど、無知ならそのままじっとしていて下さい。
共感1 非共感3




【韓国人のホンネ】
汚い残飯を、毎日、食べてるコジキ達はそもそも免疫能力が高い。
温室育ちの花は、免疫力が弱い。
共感54 非共感2

【韓国人のホンネ】
↑  返信
そうだね・・・
あの国は、死体が浮かんでいる水でも、飲み水として使う。
幼虫入り水道水昆虫入りラーメンぐらいで、ガタガタ言うようでは、免疫力なんて育たない。
共感6 非共感0

【韓国人のホンネ】
↑  返信
お前だけ、そう言う人生を歩んでくれ。
俺は、温室育ちの花の人生を選ぶ。
死体スープや、幼虫入り水道水の生活なんて死んでも嫌だよ。
共12 非共感0

【韓国人のホンネ】
↑  返信
人を皮肉る人生は楽しいか?
共感3 非共感2

【韓国人のホンネ】
↑  返信
汚く生きるから免疫力が強いのではなく、
汚く生きると強い者だけが生き残るから、そう感じるんじゃないの?
共感2 非共感0




【韓国人のホンネ】
政府の防疫対策が失敗して、たまたま集団免疫が出来ただけ。
共感34 非共感1

【韓国人のホンネ】
スラム街の奇跡なんて、大袈裟だ。
あの国では伝染病で、普段から多くの人が死んでいる。
まぁ、インド人は毎日不潔な環境にさらされているから、世界一の免疫力は持ってるだろうけどね。
共感12 非共感0

【韓国人のホンネ】
カレーとジャージャー麺の戦いは、カレーの勝ち。
免疫を付ける為に、カレーをもっと食べよう!
共感7 非共感0

【韓国人のホンネ】
言い換えれば、感染率が60%という事だ。
ワクチンもない状況で、あんな冒険をするなんてあり得ない。
共感4 非共感0

【韓国人のホンネ】
↑  返信
強い者だけが生き残る世界。
共感4 非共感0




エキサイトフレンズ

宜しければ、シェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

テーハミング記事カテゴリー

テーハミング記事投稿カレンダー

2020年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031