米国に5番目の少女像建設…ワシントン入りも引き続き推進

米国の首都ワシントン近郊のバージニア州アナンデール地区に、米国で5番目の平和の少女像が建てられた。 

当初、ワシントンに建てられる予定だったが、3年間、建設場所を見つけられなかった少女の銅像が、ワシントン近隣の地域の在米韓国人たちの声援に支えられ、ついに念願かなって建設された。 

‘ワシントン平和の少女像建設推進委員会’は27日(現地時間)午後、ワシントン近隣のバージニア州アナンデールの米州韓国日報の建物の前庭で少女像の除幕式を行った。 

同日の除幕式には、従軍慰安婦被害者であるキル・ウォンオク(93)さんが高齢にもかかわらず、韓国から直接出席しユン・ミヒャン連帯理事長が共にした。 

キルさんはこの日、少女像の幕が開けられ一般に公開されると、最初に花のネックレスを飾って祝い、ユン理事長とともに「ワシントン平和の少女像になって、ここまで来ましたね」と題した詩を朗唱した。 

キルさんは詩の朗読で、「13歳のウォンオクさんの姿そのままに、アメリカ人、韓国人に、私の過去の辛かった歴史をあきらかにしたからこそ、平和の少女像となって、ここに座しているのですね。」としながらも、「13歳のあの時、私の青春も私の夢もすべて奪った日本政府は、まだ私の前では心からの謝罪もしていません。」と指摘した。

同日、少女像建設およびの除幕式には、従軍慰安婦被害者であるキル・ウォンオクおばあさんが韓国から直接出席した。 (写真=張圭錫ワシントン特派員)

同日の少女像の除幕式には、米バージニア州のジャスティン・フェアファックス副知事やチャップ・ピーター ソンバージニア州上院議員、マーク・キム バージニア州下院議員など、地元の政界関係者らも多数出席した。 

ラルフ・ノーザン・バージニア州知事は同日、祝賀手紙を送り、建設された”平和の少女像が米国では5番目”だとし、”生き残った被害者たちが声をあげ、自分たちの話を交えながら、他にも存在する人身売買被害者らを擁護するその意味を称える”と明らかにした。 

また、同日の行事にはワシントン近郊のバージニア州とメリーランド州などに居住する在米韓国人も100人以上参加した。 子どもたちと一緒に訪れた同胞も目についた。 

同委員会はこの日、建立された少女像を「日本にきちんとした謝罪と賠償を求める象徴物であり、平和と人権、歴史教育の現場として保存する」と明らかにした。 

今回建設された少女像は、ソウルの旧在韓日本大使館近隣にある少女像と同じ大きさで、少女像が建設された隣の建物には、別途の記憶空間を用意して日本軍慰安婦関連の教育資料と記念品などを展示する予定だ。

この少女像は3年前の2016年11月に米国に到着、当初首都ワシントンに建てられる予定だったが、日本側の妨害などで建設がキャンセルされるなど紆余曲折を経たが、今回ワシントン近郊の韓国人の密集地域であるアナンデール地域に定着することになった。

一方、推進委員会は今回の少女像建立とは別に、ワシントン市内でも少女像建立を引き続き推進すると明らかにした。 

これまではワシントン市内の公園など公共の場所での建設を進めてきたが、許可に時間がかかる問題のため、大学や個人の敷地に建設する案など、代案も検討中だという。

韓国サイト「ネイバー」から[ワシントン=CBSノーカットニュース/チャン・ギュソク特派員]

引用ソース
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=104&oid=079&aid=0003284660

韓国人ネットユーザーの反応

【韓国人】
日本の極右は、卒倒するね。
共感0 非共感

【韓国人】
現実は? ◯◯◯輸出国、あんなもの全部むだだ、病気になるよ…
共感0 非共感

【韓国人】
日本の子たちが堂々としていれば、命がけで止める理由なんてないだろう。
共感4 非共感

【韓国人】
土着倭寇、イルベ虫たちを撲滅しよう!
共感1 非共感

【韓国人】
なぜアメリカに立てるのか? 本気だね。
共感1 非共感

【韓国人】
ホロコースト記念公園をユダヤ人は恥ずべきことだと思うか?
共感5 非共感

【韓国人】
また六甲おろし…ムンタン政府…ただ女性の人形だけ作って…
共感0 非共感

【韓国人】
中国共産党大使館の前にも像を作りましょう。 わが民族が性奴隷にされていたが、なぜ抗議しないの?既に亡くなった方々だから差別ですか? 慰安婦被害者も亡くなってしまうと、知らん振りするんですか?
共感0 非共感2

【韓国人】
本当に変なことの一つが、なぜ少女像と呼ぶのか?
慰安婦像と呼ぶのが正確ではないのか?
そして何故、あれを米国にそれも一つや二つではなく、何個も立てている理由は何なのか?
共感3 非共感4

【韓国人】
みんなが永遠に記憶して、私たちが大国に発展した後は、どうするか考えなくちゃいけないのではないか?
日本と関係を壊し、票の獲得に躍起になっている与党はやめてほしい。
共感1 非共感4

宜しければ、シェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

テーハミング記事投稿カレンダー

2020年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31