40年前の不気味な小説…「2020年、武漢ウイルスが世界中で猛威を振るう」予言的中!!

〔アイキャッチ画像〕
2020年の武漢コロナウィルスを予言した米国ディーン・クーンツ氏の小説「アイズ・オブ・ダークネス(1981年発売)」の表紙カバー

1981年に出版された
米国ディーン・クーンツ小説
アイズ・オブ・ダークネス(闇の目)
2020年頃に武漢ウィルス発生!
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ペスト」から
「盲目の都市」「28」など
伝染病を取り上げた小説も話題に…


「2020年ごろ、肺や気管支を攻撃し、今まで知られている全ての治療法に耐える、深刻な肺炎と同様の疾病が全世界に広まるだろう(In around 2020 a severe pneumonia-like illness will spread throughout the globe、attacking the lungs and the bronchial tubes and resisting all known treatments)。」

「中国武漢RDNA郊外研究所で作られたそれを、彼らは「武漢-400」と呼んだ(They call the stuff’Wuhan-400’because it was developed at their RDNA labs outside of the city Wuhan)。」

(イメージ:epdf.pubのスクリーンショット)

コロナ19禍で苦しむ昨今の世界を、事前に訪問していたかの様な文章は、驚く事に、40年余り前の小説に書かれている言葉だ。 ディーン・クーンツの長編小説「The Eyes of Darkness」の一部で1981年5月ポケットブックスから出版されたスリラー小説だが、読者を驚愕させるのは、背景がさらに「中国武漢」という点だ。 致死率100%のウイルス「武漢-400」が広がってしまった世界を扱っているが「2020年」と「武漢」という二つの共通分母は先覚者の予言書という疑いを招くに十分だ。

ある人は病床で熱く冷めるが、ある人は冷たく生き、ある人は献身して犠牲になる。誰かは欺瞞して裏切り、ある人は一獲千金の機会を、またある人は偽りの神を作る。伝染病が私たち人類を苦しめる悪夢の日々、伝染病と人類を扱った小説を一堂に集めた。小説は常に現実の世界と隣り合わせで、人間性を映し出すので、不安、落胆、恐怖、嫌悪の文章のどこかに、ある種の慰安と約束の糸口が隠されているのかもしれない。

コロナ19で今、大きな注目を集めている小説は、ディーン・クーンツの「The Eyes of Darkness」だ。 中国の湖北省武漢で作られたウイルス「武漢-400」にはワクチンがない。 生物化学兵器として開発されたこのウイルスは、太平洋を渡って米国に行く。小説は息子を失ったティナの視点で書かれている。 事故で失ったと思っていたティナの息子は生存しており、「武漢-400」という名前のウィルスに感染していたことを知った。 ウィルスの克服よりは母性愛に重きが置かれている。 「失われた子どもという設定は、私たちに内在する琴線を刺激する」とクーンツも個人ホームページに書いた。 

アルベール・カミュの長編小説「ペスト」の第1部冒頭にはこの様な言葉が綴られている。 「一つの都市を理解するためには、そこで人々がどのように働き、どのように愛し、どのように死ぬかを見てみるのがよい」、「工場と倉庫から降り注いだネズミの遺体と原因不明の熱病、道庁所在地オランの突然の封鎖、逮捕されるかのように消える黒い患者を描いた小説「ペスト」は菌を扱った叙事の正典とも言うべきものだ。

「ペスト」は2020年の現代でも名著であり続ける素晴らしい小説と言っても過言ではないだろう。 「孤立した都市オラン」は、現実世界で閉鎖された都市・武漢と同義語だ。 群れをなす死んだネズミに触れたオランの人は黒く焼かれながら死ぬ。初の死亡者を目撃した医師のほか、オランに閉じ込められた新聞記者のランバートの苦悩は、まるで2020年の武漢のある部屋で書いたようだ。

「盲目の都市」は風邪のようにうつる悪夢の世界だ。映画と違って、小説はもっと残酷で、もっと悲しい。 失明患者は精神病棟を改造した病棟に隔離され、「糞」を埋めたベッドで寝るほど極端な賤民へと追い込まれる。 「盲人が現れ次第、射殺するのが解決策」と叫んでいた大佐は自分の目が見えなくなると自殺する。 自我と他者の境界が崩れてしまった悪夢の世界だ。

目の見えない世界では、人間の利己心だけが目を開ける。「人間の歴史が見せてくれるように、悪意からも善意が出る事は珍しくない。しかし善意からでも悪意が出る事もある」という「盲目の都市」の文章は性悪説に近い。 理解不能の問題を認識論というテーマに持ち込みながらも、手に汗を握らせる。

伝染病を扱った韓国小説ではピョン・ヘヨンの「灰と赤」が目を引く。 薬品開発者の主人公は、本社の指令で中国に向かうが、知らないうちに殺人の容疑者になっている。 逃亡者であり浮浪者の身となった彼は、ボディーバッグに包まれて下水溝に捨てられ、集団収容施設に収容され、匿名の防疫員として働くことになる。 中国ではネズミによる伝染病がはびこっている状態だった。 無実の罪を背負わされた主人公は、菌を移す迷路のネズミと同じ境遇で生きる事となる。ネズミを撲滅する時だけ安堵感を感じるというピョン・ヘヨンの設定にも鳥肌が立つ。

「7年の夜」「種の起源」と共にチョン氏「悪の3部作」とされる長編小説「28」は正体不明の人獣共通伝染病が蔓延した都市を通じて、犬と人の関係を変えている。 理性を失った地獄という設定の中で発見する唯一の事実は、伝染するのはウイルスではなく「悪」だという点だ。 

タイトル「28」には発病後28日間の死闘という意味と「2+8=0」いう悲観的な意味がこめられている。 結局、我々は原点に帰るという比喩だ。そんな点で「盲目の都市」の最後の場面に登場する盲目の作家の次の一言は、小説という虚構であっても、コロナ19という現実を考えた場合、考えさせられるものがある。盲目の作家はこう語る。 「自分自身を見失わないように。自分自身が消えるまで放っておかないで下さい。」

韓国ネイバーから「毎日経済」キム・ユテ記者

武漢の英語表記
武漢は、英語では「Wuhan」(ウーハン)と表記されます。

引用ソース
https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=009&aid=0004525373&date=20200227&type=1&rankingSectionId=103&rankingSeq=2

気になる関連サイト

【アイズ・オブ・ダークネスにまつわるミステリー】
2020年の武漢ウィルスを予言した「アイズ・オブ・ダークネス(闇の目)」の初版本(1981年発行)では、ウィルスの発生地はロシアのゴーリキーとされ、ウィルス名もゴーリキー400だったようだ。しかし、2009年のポーランド語翻訳版では、中国の武漢で発生し、武漢400と表記が改められている。現在販売されている日本語版ではロシアのゴーリキー400となっているようだが、(一部の?)英語活字版と電子書籍版では、中国の武漢400となっていると、インターネット上では話題となっている。
また、ウィルスの漏洩源が武漢疾病予防センターである可能性を指摘した科学者は、発表後に行方不明となり、論文を掲載したサイトも現在、閉鎖されている。
私たちには理解出来ない、何か不思議な力が動いているのかもしれない。

〔引用ソース〕
地球最後のニュースと資料「In Deep」
https://indeep.jp/maybe-coronvirus-originate-from-wuhan-cdc-laboratory/




韓国人ネットユーザーの反応

左:評価反応総数
右:コメント総数
この記事に対する韓国人の評価反応
コメントした韓国人の性別と世代

【韓国人のホンネ】
こういうのを見ると、タイムトラベラーは確かに存在しますね。
不思議です!
共感8950 非共感265

【韓国人のホンネ】
↑ 返信
タイムトラベルというよりは、その小説を読んで計画した悪の勢力があるという方が説得力がある。
共感1245 非共感13

【韓国人のホンネ】
↑ 返信
悪の勢力、またの名を文在寅(ムン・ジェイン)と言う。
共感177 非共感225

【韓国人のホンネ】
↑ 返信
ムン・ジェイン弾劾請願!
https://www1.president.go.kr/petitions/584936
共感71 非共感64

【韓国人のホンネ】
↑ 返信
タイムマシーンは絶対に存在する!!!
共感18 非共感7

【韓国人のホンネ】
↑ 返信
ビットコインは予想できなかったので、時間旅行者はいない。(笑)
共感41 非共感6

【韓国人のホンネ】
↑ 返信
あの小説を読んだ武漢研究所の連中が、真似して作ったんじゃない?
共感195 非共感3

【韓国人のホンネ】
↑ 返信
小説を書く為の関連知識を収集してた時、
ちょうど武漢という地名に当たったんじゃない?
時期は大まかに2020年に決めたんじゃないかな?
共感41 非共感46




【韓国人のホンネ】
↑ 返信
タイムトラベラーを捕まえて、今後どうなるか聞き出そう!
お前は一体、何者だ?
共感5 非共感1

【韓国人のホンネ】
↑ 返信
あぁ〜、貴方みたいな人が、新天地の信者になるんですね・・・
共感92 非共感7

【韓国人のホンネ】
↑ 返信
イルミナティが答えだ!
共感107 非共感3

【韓国人のホンネ】
↑ 返信
このイルミナティに共感ボタンを押す人たちは、オカルト集団新天地の潜在的信者予備軍だ。
韓国にエセ宗教が流行るのも無理ないね・・・
共感17 非共感19

【韓国人のホンネ】
韓国の武漢肺炎は中国が原因だが、
文在寅(ムン·ジェイン)政府の安易な対処によって蔓延したことは、
歴史に深く刻まれるだろう。
大韓民国の大統領が敵国の北朝鮮と中国に魂を捧げ、
自国民を犬豚扱いした、最も低劣で無能な人間として・・・
共感7066 非共感625

【韓国人のホンネ】
↑ 返信
国を破壊する者、ムン・ジェイン。
共感58 非共感5

【韓国人のホンネ】
↑ 返信
何、言ってんだよ・・・
それは言い過ぎだろ!
共感62 非共感20

【韓国人のホンネ】
↑ 返信
あの〜それでも、
ムン・ジェインを選んだのは国民なんですけど・・・
私は、一票入れた事を深く反省しています。
共感131 非共感116




【韓国人のホンネ】
タイムマシーンに乗って私の所に来てもらえませんか?
病気の症状と原因、時間と空間まで一致するなんて・・・驚きです!
共感3386 非共感61

【韓国人のホンネ】
↑ 返信
ムン・ジェインとその一味の、最後のあがき部分は、
何ページに出ていますか???
共感144 非共感50

【韓国人のホンネ】
↑ 返信
それ、私もすごく気になります!
共感5 非共感4

【韓国人のホンネ】
↑ 返信
その小説を読んで、計画した闇の勢力は必ずいると思います。
平凡な日常を送る私たちには
組織暴力団の世界を想像する事は出来ません。
だからと言って、組織暴力団が存在しないわけではありません。
同じように、
私たちからすれば、
これは不気味な小説の一つに過ぎないかもしれませんが、
その不気味さを計画して成し遂げようとする人たちも存在しています。
私たちが理解できないからと言って、存在を否定する事は出来ません。
共感536 非共感19

【韓国人のホンネ】
↑ 返信
人口を減らそうとする者は、人類から見たら悪魔ですが、
地球から見れば、救世主かもしれませんね・・・
共感27 非共感24

【韓国人のホンネ】
↑ 返信
武漢ウィルス研究所の存在は、英国、米国、インド、ネイチャー誌など世界の医学者たちの間では、知られた存在だった。
この著者が、それをテーマに小説を書いた事は十分に推察できる。
でも、2020年という設定がたまたま偶然というのも不思議だ。
私たちが理解出来ない世界は、確実に存在している。
共感447 非共感4

【韓国人のホンネ】
↑ 返信
YouTubeで、あの小説を紹介したのを見たけど、
中国・明の時代の劉伯温の碑石にも「武漢肺炎事態」を語るような予言があったよ。
共感50 非共感1

【韓国人のホンネ】
↑ 返信
宇宙には始まりもあり、終わりもある。
星にも始まりがあり、自らの力を持って消滅する。
海に住む魚は、陸の世界を知らない。
彼らが英知を持てば、それもまた滅びていく。
人間が光の速度を超える事は、
魚が陸で生活を始める事よりもおこがましい。
これは、そんな神からの啓示に逆らった人類への警告書だ。
共感5 非共感2




【韓国人のホンネ】
↑ 返信
米国の製薬会社が広めたという噂もあります。
武器を売りつける為に、戦争までやる国ですから、製薬会社説もありえそうです。
共感12 非共感90

【韓国人のホンネ】
↑ 返信
ビットコインだけ見ても、タイムトラベルは絶対に無いね。
なんか寂しいね〜
未来にもタイムマシーンがないなんて・・・
共感13 非共感3

【韓国人のホンネ】
↑ 返信
お前、ひょっとしてタイムトラベラー?
共感7 非共感5

【韓国人のホンネ】
↑ 返信
致死率だけは、違ってくれてて良かったよ!
共感10 非共感1

【韓国人のホンネ】
↑ 返信
ビットコインで儲けた人とかもいるんだから、
タイムトラベラーもいるかも・・・
共感2 非共感0

【韓国人のホンネ】
記事をもう一度読んでみたら詩的な表現が多いですね。
ある人は病床で熱く冷める・・・
ある人は冷たく生き・・・
ある人は献身し犠牲になって・・・
ある人は欺瞞して裏切り・・・
ある人は一獲千金の機会を得て・・・
ある人は偽りの神を作る・・・
ウィルスが私たち人類を苦しめる悪夢の日々・・・
なんだか、全部当たっていて怖いです。(泣)
共感2230 非共感42

【韓国人のホンネ】
↑ 返信
欺瞞して裏切った者は、ムン・ジェインで間違いない!!
共感184 非共感37

【韓国人のホンネ】
↑ 返信
一獲千金を狙った者は、マスク買い占め業者だね。
共感145 非共感2




【韓国人のホンネ】
↑ 返信
冷たく生きる人は、無症状の感染者ですかね?
共感113 非共感0

【韓国人のホンネ】
↑ 返信
じゃぁ、献身して犠牲になる人は、医療従事者か・・・
共感97 非共感28

【韓国人のホンネ】
↑ 返信
偽りの神を作る人は、新天地の教組イ・マンヒだ!!!
共感259 非共感7

【韓国人のホンネ】
↑ 返信
小説の終りが気になります!
武漢ウィルス研究所、マスク商人、新天地、ムン・ジェイン・・・
小説の中に、全部、登場しますね。
誰か翻訳して出版して下さい。
共感42 非共感23

【韓国人のホンネ】
↑ 返信
解釈、ぴったり合いますね!
共感3 非共感0

【韓国人のホンネ】
↑ 返信
人工的に作ったんだって?
あの小説が正しければ、
既に第1次、第2次世界大戦頃に作られたウイルスが原型だというのか?
他国攻撃用に開発していたのが、
間違って漏れて、中国人たちが先に感染してしまったって事か・・・
共感48 非共感3

【韓国人のホンネ】
これって、小説を読んだ誰かが、わざと故意に広めたんじゃない?
時間と場所が、あまりにも合いすぎています。
怖すぎるよ〜〜〜
共感364 非共感1

【韓国人のホンネ】
残念ですが、40年前に、タイムトラベラーが警告していた通りになってしまいましたね。
【タイムトラベルの大原則】
いかなる事があっても過去を変える事は出来ない。
共感309 非共感16




エキサイトフレンズ

宜しければ、シェアお願いします。

4 件のコメント

  • 40年前の初版本から武漢ウィルスになっているより、10年前のポーランド翻訳版あたりから武漢ウィルスに改ざんされている方が、信憑性がありそうで不気味感が漂ってますよ。怖いね。

    • In Deep 読みました。

      1981年の初版本:ロシアで発生してゴーリキ−400
      2009年のポーランド語翻訳版:中国で発生して武漢400
      英語版書籍:発生地がロシア版と中国版が混在
      現在の電子書籍:中国で発生して武漢400
      そして、告発した科学者は行方不明

      誰かが、2009年に原作を改ざんしたって事か。
      多次元宇宙を考えると、タイムトラベラーが私達の知らない所で死闘を繰り広げているとしか思えない。

      アメリカドラマ・トラベラーズ
      https://filmarks.com/dramas/410/1332

      一見普通だが、実は未来から21世紀にタイムスリップして来た”トラベラー”達。人類最後の生き残りである彼らの目的は、悲惨な運命から人類を救うことだった。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    テーハミング記事カテゴリー

    テーハミング記事投稿カレンダー

    2020年8月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031